プロバイダーに関する「よくある質問」

質問 プロバイダーって、電話加入権がなくても利用できるの?

 

回答 フレッツ光なら、どのプロバイダーでも電話加入権なしで大丈夫です。

    「電話加入権はないけど、固定電話をつけたい」という人は、ひかり電話を利用すれば、

    電話加入権を購入することなく、固定電話を利用することが出来ます。

    ちなみに、フレッツ光に対応している大手プロバイダーは、

    BIGLOBE、OCN、So−net、@nifty、plala(ぷらら)、DTI、WAKWAK、
    ASAHIネット、hi−ho、BB.exite です。

    この11社を比較してみました。            

 

電話加入権なしで利用できるプロバイダー比較

クレジットカードがなくても契約が出来るプロバイダー7社を、料金メールサービスサポート体制の気になる3つのポイントに絞って比較してみました。

 

  料金 (※1 取得可能
アドレス
※2
電話サポート
(営業時間)
詳細
マンション 一戸建て
ASAHIネット ¥3,571〜 ¥6,279〜 2つ 平日 10:00-17:00 詳細はこちら
ぷらら

\3,833〜

\6,510〜 7つ
(※3)
平日 12:00-21:00
土日祝 12:00-19:00
詳細はこちら
WAKWAK

\3,622〜

\6,457〜 1つ 毎日 10:00-19:00
(年末年始のぞく)
詳細はこちら
DTI
\3,706〜 \6,458〜 1つ 毎日 10:00-19:00
(年中無休)
詳細はこちら
hi−ho ¥3,928〜 \6,720〜 1つ 平日 9:00-21:00
土日祝 9:00-18:00
詳細はこちら
BIGLOBE
\3,938〜 \6,720〜 5つ 毎日 9:00-21:00
(年中無休)
詳細はこちら
OCN \3,990〜 \6,720〜 1つ 毎日 9:00-21:00
(年末年始のぞく)
詳細はこちら
So-net \3,938〜 \6,720〜 4つ 毎日 9:00-21:00
(元旦のぞく)
詳細はこちら
BB.exite ¥3,518〜 ¥5,985〜

1つ

毎日 10:00-17:00 詳細はこちら
@nifty \3,990〜 \6,510〜 4つ 毎日 9:00-21:00 詳細はこちら

※1 フレッツ光の月額基本料+プロバイダの月額料金 (税込表示)

※2 基本サービス内(オプション追加なし)で利用できるアドレスの数

※3 基本サービスの中に含まれている1,260円分のフリーチケットで、
メールアドレスの追加を申込した場合のアドレスの数 (標準で利用できるのは1つ)

 

どのプロバイダーがよいのか?

たくさんのプロバイダーには、それぞれ様々なサービスがありますが、ホームページを作成するとか、仕事などで大容量のデータをやり取りするとか、そういった特殊な目的がなければ、そんなサービスも活用しないことがほとんど。

自宅でインターネットの閲覧や動画などのダウンロード、メールの送受信をする程度の利用なら、
プロバイダーは「料金」だけで選んでも良いと言えるでしょう。

月額基本料で一番安いのは、ASAHIネットです。

しかもキャンペーン中にインターネットから申込をすれば、プロバイダ月額料が最大15ヶ月も
無料になります。月額料だけみるとBB.exiteが一番安いのですが、メールサービスが有料なので、
メールの利用をする場合は、結果的にASAHIネットが一番お得です。

 

 

また、複数のメールアドレスを利用したい人はぷららがお勧めです。

ぷららなら、追加料金なしで7つまでアドレスが利用できるので、家族で使いたい人には最適ですね。

ちなみに、ぷららもインターネットから申し込みをすると、最大6ヶ月の基本料が無料になります。

 

ASAHIネットもぷららも、申込はインターネットから行うことを忘れずに!